YOSHIMI裁判いっしょにアクション!
「吉見裁判」とは、中央大学の吉見義明さんが、日本維新の会の桜内文城衆議院議員(当時)を名誉毀損で訴えた裁判です。

2016-12-16

吉見裁判東京高等裁判所判決について(暫定版)&高裁判決全文

2016年12月15日(木)、東京高等裁判所は不当判決を出しました。

*判決全文はこちら
「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」の声明(暫定版)を以下に掲載いたします。


吉見裁判東京高等裁判所判決について(暫定版)


 中央大学の吉見義明さんが日本維新の会(当時)の桜内文城衆議院議員(当時)を名誉毀損で訴えた裁判(以下、吉見裁判)において、2016年12月15日、東京高等裁判所第19民事部は吉見さんの控訴を棄却する不当な判決(以下、高裁判決)を出しました。

 この裁判の発端は、2013年5月に橋下徹前大阪市長が「慰安婦制度が必要なことはだれでもわかる」と発言したことです。国内外からの批判を浴びた橋下前市長は同月、日本外国特派員協会で弁明のために講演しました。その際に、同席していた桜内氏が司会者の発言に関して、「ヒストリーブックスということで吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども、これはすでに捏造であるということが、いろんな証拠によって明らかにされています」(以下、桜内発言)と発言しました。研究者の研究業績を捏造であると公言する行為は、研究者に対する重大な名誉毀損であるだけでなく、研究者生命を奪いかねないほど深刻なことです。そして、桜内発言は「慰安婦」制度の被害者の名誉と尊厳をも冒涜するものであり、断じて許されません。

 吉見さんは、桜内発言が名誉毀損にあたるとして損害賠償請求に踏み切りました。しかし、2016年1月20日の東京地方裁判所の判決(以下、地裁判決)は、桜内発言中の「捏造」(「事実でないことを事実のように拵えること」との意味)という言葉が、「誤りである」「不適当だ」「論理の飛躍がある」といった程度の趣旨であるとの認識を示し、被告を免責しました。強引で不当な判決でしたので、吉見さんはただちに控訴しました。

 今回の高裁判決は、「これはすでに捏造である」(桜内発言)の「これ」の意味がさまざまな解釈が可能であるとし、「吉見さんという方の本」を指すとは認定できないとしました。したがって、名誉毀損は成立しておらず、吉見さんの請求は認められないとしたのです。しかも、このような判断をおこなった根拠は、何ら示されていません。しかし、桜内発言は、「吉見さんという方の本」を「捏造」であると断定したものであることは疑いがありません。高裁判決は非論理的であり、極めて不当です。

 吉見さんは丹念な資料調査と聞き取り等により日本軍「慰安婦」問題の実態解明に誰よりも大きく貢献し、日本国内外の歴史学界において高い評価を得てきました。地裁判決に対して、日本歴史学協会をはじめとした歴史学15団体が抗議声明を出したことはその証左です(2016年5月30日)。そして、吉見さんの研究成果は、「慰安婦」被害者に希望の光を与えてきました。高裁判決で、研究成果を捏造とする発言の問題性が認定されなかったことは歴史学界への全面的な挑戦であり、「慰安婦」被害者の名誉と尊厳をいっそう冒涜するものです。

 また、吉見裁判に対しては、日本国内はもちろん世界の市民から、あたたかいご支援をいただきました。私たちは「公正な判決を求める国際市民署名」の運動を展開し、今年12月12日までに「慰安婦」被害者を含む694筆の署名を集めることができました。今回の判決は、こうした世界の市民の声をも踏みにじるものです。

 私たちは、不当な判決に強く抗議するとともに、吉見さんの名誉回復と、日本軍「慰安婦」問題の真の解決に向けて、裁判闘争を続けていきます。吉見裁判をご支援いただいたみなさんにお礼申し上げるとともに、引き続きご協力をお願い申し上げます。



2016年12月16日 
YOSHIMI裁判いっしょにアクション

*判決全文はこちら

2016-12-12

高裁国際署名提出のご報告

高裁国際署名提出のご報告

2016年5月27日から開始いたしました「裁判所に公正な判決を求める国際署名」は、12月12日までに694名の方にご署名をいただきました。
9月6日には第一次分521筆を、そして12月12日には第二次分165筆を、東京高等裁判所に提出しましたので、お知らせいたします。

2016-12-02

吉見裁判 高裁判決&報告集会のお知らせ

*************
吉見裁判 高裁判決言い渡し
*************


吉見裁判は昨日(2016年9月7日)、高裁での弁論が終結し、 結審しました。
判決は12月15日です。
多くの方の傍聴、支援をお願いいたします。

DATE:2016年12月15日(木)
TIME:午後3時~(午後2時15分集合)
PLACE:東京高等裁判所101号法廷


★アクセス
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」 駅A1出口より徒歩1分。
有楽町線「桜田門」駅5番出口より徒歩3分。

※当日は傍聴券が発行され、抽選が行われる予定です( 午後2時15分集合)。また、直前の急な変更もありますので、 お出かけ前にご確認ください。

※判決後に報告集会を実施する予定です。詳細が決まり次第、 お知らせいたします。



************
吉見裁判高裁判決報告集会
************

DATE:2016年12月15日(木)
TIME:午後6時半~(午後6時開場)
PLACE:中央大学駿河台記念館2階281教室(地裁判決時と同じ)

★アクセス
JR中央・総武線「御茶ノ水駅」徒歩3分
東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」徒歩6分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩5分

★参加費:500円

★講演者
◎判決の報告:弁護団・吉見義明氏
◎特別講演:香山リカ氏(精神科医・立教大学現代心理学部教授)




植村裁判 第7回口頭弁論&報告集会のお知らせ

************
慰安婦報道をめぐる名誉回復を求めての
東京訴訟第7回口頭弁論
************

DATE:2016年12月14日(水)

TIME:15時~15時半
PLACE:東京地方裁判所103号法廷

★アクセス
東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」A1出口より1分
有楽町線「桜田門」駅5番出口より徒歩3分。

※傍聴は整理券の発行と抽選が予想されます。14:45までにお集まり下さい。

*****
報告集会
*****

DATE:2016年12月14日(水)

TIME:16時15分~17時30分
PLACE:参議院議員会館講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)

★アクセス
地下鉄 有楽町線 ・ 半蔵門線 ・ 南北線 「永田町」 駅 1番出口よりすぐ
地下鉄 丸ノ内線 ・ 千代田線 「国会議事堂前」 駅 1番出口より徒歩5分

※資料代:500円(事前申込は不要です)

▽弁護団から 《これまでの到達点 今後の焦点》
▽植村隆さんから 《広がる支援と理解 反響を呼んだ 『真実』 韓国版》

2016-10-04

吉見裁判 高裁第2回口頭弁論&報告集会 参加記

東京高等裁判所第2回口頭弁論参加記

 20169615時より、東京高等裁判所101号法廷において、高裁第2回口頭弁論が開かれ、多くの傍聴人が詰めかけた。今回の口頭弁論で東京高裁での手続きはすべて完了し、結審となった。

●控訴人(吉見氏)側陳述
 口頭弁論では、まず控訴人代理人大森典子弁護士による陳述が行われた。まず、大森弁護士は、今回の控訴審において、控訴人は大きく二つの柱に沿って主張を展開してきたことを確認した。一つは、地裁判決の誤りを指摘すること。そしてもう一つは、地裁判決の誤った言葉の理解を是正して、外国特派員協会での会見における桜内氏の発言そのものに即して法を適用すれば、当然に被控訴人(桜内氏)の発言は違法な権利侵害として控訴人の権利救済が認められるはずだ、ということの二点である。
 以上の二つの柱から、地裁判決の誤りはすでに明らかであり、また桜内氏の発言を一般の人の普通の注意と見方を前提に理解すれば、その発言は研究者に対する究極の名誉毀損にあたると述べた。さらに、吉見氏が仮に捏造をしたというのであれば、被控訴人側はその真実性を立証する必要があるが、それが全くなされていないので、被控訴人の発言が名誉毀損にあたり、控訴人に対する被控訴人の損害賠償義務は当然認められるべきだとも主張した。
 最後に、裁判のなかでも被控訴人が控訴人の名誉を毀損する発言を繰り返していることにより、控訴人は一貫して被害を受け続けている。そのため、裁判所はこのような発言が表現の自由のらち外にある、許されないものであることを明確に示すべきだと述べ、陳述を終えた。
 
●被控訴人(桜内氏)側陳述
 次に、被控訴人代理人である荒木田修弁護士による陳述が行われた。荒木田弁護士はまず、控訴人側が期限を過ぎた段階で新たな準備書面を提出したことに対し反論した。その後、①「慰安婦」が性奴隷か否かは裁判所の評価の問題であること、②吉見氏が捏造をしたとするのであれば、その真実性の立証が全くなされていないという控訴人側からの批判に対する反論、③控訴人は被控訴人が主張を歪曲・すり替えをしていると批判しているが、「そのような意図を有したことは一切ないし、その必要もない」という三点について主張を展開した。そして、最後に荒木田弁護士は、「被控訴人の本件控訴は速やかに棄却されるべきである」と述べて陳述を終えた。控訴人側からの追及に対して、何も答えていないに等しい陳述であった。

●控訴人(吉見氏)本人による陳述
 両代理人による陳述のあと、控訴人である吉見氏からも陳述がなされた。吉見氏はまず、『従軍慰安婦』(岩波書店、1995年)が捏造だと断定した桜内氏の発言は、研究者にとって致命的な名誉毀損になると述べた。その上で吉見氏は、これまで日本軍「慰安婦」制度は、軍性奴隷制度であったことを、文書・記録・証言などの史料に基づいて、厳密に実証するという姿勢を貫いてきたのであり、もちろん捏造など一切していないと強く主張した。
 また、桜内氏の発言によって、吉見氏がいかに被害を受け、精神的に深く傷ついてきたのかが率直に述べられた。それにも関わらず、裁判のなかで被控訴人側は吉見氏が捏造をしたとする真実性を全く立証していないこと、さらにはなんら反省することなく、この裁判が「自由な言論を封殺する濫訴」、「SLAPPStrategic Lawsuit Against Public Participation)訴訟」などと歪曲を繰り返していることに対しても強い批判をおこなった。
 最後に吉見氏は裁判所に対して、研究者にとって捏造したと言われることが当人の名誉と人格をどれだけ深く傷つけることになるか、ということをよく理解した上で、論理整合的で公正な判断を要望して陳述を終えた。

●被控訴人(桜内氏)本人による陳述
 最後に桜内氏本人からも陳述が行われた。桜内氏は、まず、控訴人である吉見氏が意見陳述のなかで「私は約5万人以上の女性たちが軍のための性奴隷にされたとは述べていますが、「強制連行された20万人の性奴隷」とはどこにも述べていません」と証言したことに対して、「これは完全な嘘であり、更なる捏造である」と発言した。桜内氏は、控訴人側が提出した『従軍慰安婦』の英訳本の記述をもとにして批判しているようだが、全くの事実誤認といえる。
 その後、原審および控訴審を振り返りながら三点について意見を述べた。一つめは、桜内自身が本人尋問の際に、吉見氏が捏造したとは考えていないという供述をしたと指摘する被控訴人側の主張は「曲解」であること。二つめは、控訴人は「研究者の名誉」をしきりに主張するが、「自らの仮説に都合の良い史料のみをつまみ食いしただけ」であり、「嘘と捏造を繰り返すような者は、断じて「研究者」の名に値しない」ということ。そして三つめは、被控訴人側の主張する「慰安婦=性奴隷」は、国際法上の奴隷要件に合致していないということをあらためて主張した。
 最後に桜内氏は、「あまりに卑劣な控訴人の策謀に、私は、決して屈する訳にはいかない」と威勢のよい言葉を口にした。その上で、「控訴人のような想像もつかない人」が世の中にいるのだということが裁判のなかで分かり、「むしろ感謝申し上げる」とまで発言して陳述を終えた。

高裁第2回報告集会参加記

 東京高裁での口頭弁論終了後、中央大学駿河台記念館670教室に場所を移して報告集会が行われた。報告集会では、共同代表の吉田裕による挨拶のあと、弁護団によって口頭弁論の内容が報告された。また、吉見氏本人からも口頭弁論での感想や今後の意気込みが語られた。
 そして、今回の報告集会では、スペシャルゲストとして小野沢あかね氏をお招きし、「戦前日本政府は性奴隷制をどう否定して来たか」というテーマのもと、報告をしていただいた。小野沢氏は、「「慰安婦」は売春婦(公娼)であり性奴隷ではない」という桜内側の発言に対する反論を述べた意見書(YOSHIMI裁判いっしょにアクション!『日本軍「慰安婦」制度はなぜ性奴隷制と言えるのか PartⅢ』201510月に収録)を東京地裁に提出されており、今回の報告もその意見書の内容を中心としたものであった。それに加えて、吉見裁判地裁判決において性奴隷制の議論に踏み込まない裁判所、あるいは「日韓合意」において性奴隷制という言葉を消し去ろうとしている日本政府への批判も意図していた。小野沢氏の報告は、性奴隷制を認めたがらない日本政府・日本社会の今日の在り方を考えるために、近年の新しい研究成果からも補強しつつ、戦前日本政府による性奴隷制隠蔽の歴史をあらためて検討するという充実したものであった。
 最後に、報告で紹介してきた戦前日本政府による性奴隷制隠蔽の歴史から、いまを生きる私たちがどういう教訓を得られるのかについて三点述べられた。一つは、性奴隷制の存在の隠蔽は、将来に禍根を残すということ。二つめは、女性たちの「自由意思」を強調して、背後の権力関係(親に売られている、前借金によって人身拘束されているなど)を隠蔽した戦前日本政府のやり方は、現在の日本政府にも通ずること。三つめは、そうした性奴隷制に関する認識を深化・拡張していくことの重要性と、その上で吉見裁判が持つ意義について述べられ報告を終えた。

 小野沢氏による報告のあと、「慰安婦」問題に取り組む各団体からアピールが行われた。最後に共同代表の梁澄子による挨拶と、司会から高裁判決に向けてさらなる協力を支援者に求める言葉が述べられ、閉会となった。(事務局)

2016-09-21

一橋祭講演会 歴史認識問題を考える―日本軍「慰安婦」問題―

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
一橋祭講演会
歴史認識問題を考える—日本軍「慰安婦」問題—
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


講師:吉見義明氏・川田文子氏

日時:2016年11月4日(金)14時~16時(13時半開場)
会場:一橋大学国立キャンパス西本館36番教室
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/kunitachi.html
(JR中央線「国立駅」徒歩12分。当日は混雑が予測されます。お早めのご来場をお願いします。)

※一橋大学の学園祭「一橋祭」の一企画です。
「一橋祭」については、http://ikkyosai.comをご覧下さい。

主催:一橋大学朝鮮近現代史ゼミナール
後援:YOSHIMI裁判いっしょにアクション

2016-09-08

吉見裁判 高裁判決言い渡し

*************
吉見裁判 高裁判決言い渡し
*************


吉見裁判は昨日(2016年9月7日)、高裁での弁論が終結し、 結審しました。
判決は12月15日です。
多くの方の傍聴、支援をお願いいたします。

DATE:2016年12月15日(木)
TIME:午後3時~(午後2時15分集合)
PLACE:東京高等裁判所101号法廷

★アクセス
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」 駅A1出口より徒歩1分。
有楽町線「桜田門」駅5番出口より徒歩3分。

※当日は傍聴券が発行され、抽選が行われる予定です( 午後2時15分集合)。また、直前の急な変更もありますので、 お出かけ前にご確認ください。

※判決後に報告集会を実施する予定です。詳細が決まり次第、 お知らせいたします。